多種多様なレッスン

lesson tasyutayo

これまで20年近く、たくさんの方の作文を読みました。

はじめは何をどう書いたらいいのか戸惑っている人には、いろんなお話をしながら、好きなことや、ふだんよくしていること、最近のできごとなんかを聞きながら、書くことをいっしょに決めながら、
「それじゃあわたしはきのう、近くの公園まで散歩しました。」と書いてみようか、と話したことをそのまま書いてもらうこともあります。

こんなふうに手取り足取り共同作業しながら作文する人もいれば、ひとりでどんどん書く人もいます。
いろいろなんですね。

「好きなことを書いてください。」と言っても、そうかんたんにはうまくいきません。
作文を習いに来る人は、残念なことに、たいてい作文が好きでなかったり、得意でないと思い込んでいる人なんですね。
とくにお子様の場合、保護者自身に苦手意識をお持ちの方が多く、そうすると、お子さんにも苦手意識が伝染するようです。本を読まないことが劣等感になっている方も少なくありません。

じつは小学生は案外本を読んでいます。図鑑やまんがは本のうちに入れない人もいますが、興味を持った本は熱心に読む子が少なくありません。今は忙しい子が多いですが、それでもまだ時間に余裕があるからでしょうか。作文も、少しお話をすると、それが呼び水のようになって、自然と書き出せる場合がほとんどで、書くのも楽しそうです。

教室では、ひとりひとり進め方や課題を変えています。小中高生には「言葉の森」のテキストを使うことが多いですが、受験を目標にしている子には、入試に合わせた練習もします。

1ページ程度の難しめの文章を毎日1回読んでもらうといった読む課題にも重点を置いており、教室ではその〇×クイズをします。読むことが負担になるような場合は、読んだ本を紹介してもらったり、小さいお子さんには暗唱をしてもらうこともあります。

基本的にはZOOMでの対面レッスンですが、一時間程度つなぎっぱなしでほとんどの時間、だまって書くだけの人もいます。
それで最近、メールだけの通信作文会員を新しく受け入れる予定です。ただ作文とそのお返事はメールでいいのですが、ちょっとした質問や話し合いをしたいときは、ZOOMやSNSの利用を考えています。

中高生や大学生はほかの勉強が忙しいので、負担がないように、とにかくその時間中に書く練習の場として利用してもらいます。

作文は非常に個人的な作業です。わたしはただ見守り、作文を読み、それにメールでお返事を書いています。
誰かに読まれることを意識することで、作文はおのずと上達していくのを、長年ずっと見てきました。
だから大切に読んで、誠実にお返事することを心がけています。

そうしながら作文のテクニックを学んでもらうとともに、書く習慣を身につけてもらうのが最大のねらいです。

生活作文から入試対策、就活作文、あるいは自分史をまとめたい方まで、多種多様なレッスンに対応しています。ぜひお気軽に無料体験にご参加ください。

無料体験のご案内