リモート教室が一般的に

minoritag

読書作文教室@みのりは、ひとりひとりに応じた丁寧な個別対応をしています。言葉の森のオンラインスクールのようなクラス活動は行っていません。あくまでも個人的に書くことを楽しんでいただく教室です。作文を書くことは、とても個人的な作業だと思うからです。

まだまだ一般的でなかったZOOMがコロナの影響で急に注目されることとなり、リモート教室が一般的になってきたせいか、ちらほら問い合わせをいただくようになりました。ありがたいことです。

おうちで過ごす時間やあれこれ考える時間が増えた今、読書や作文にいそしんでみてはいかがでしょうか。

80歳を過ぎた実家の母のところには、高齢者施設に入所して暇を持て余している元ママ友から毎日のように電話がかかってきて、一時間ほど自分の生い立ちを話すそうです。人の話を延々と聞かされるというのはつまらないかと思ったら、それが案外おもしろいと言うんです。これまで生きてきた日々のことを、誰かにちょっと聞いてほしいという思いが母にもあると言います。

誰にでもあるのかもしれません。でも、みんな忙しくしていて、互いに話しをする機会がないまますれ違っているのかもしれませんね。

その点、作文は他人の時間を奪わずに、マイペースでできる表現手段です。書いているうちに、気持ちが落ち着いたり、考えがまとまることもよくあります。

特別な道具もいりません。その気になれば、いつからでも始められます。

よろしかったら体験教室にご参加ください。

お問合せ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です