KajiBlogはこちら。

作文を書く前に準備しておきたい3つのこと。

junbi

「伝わる作文講座」では書く前のZoomサポートの時間を大事にしています。

作文を書く前の準備をサポートする時間だからです。

作文を書く前に準備することを3つにまとめました。

作文を書く前の準備1、テーマを決める。

作文を書く前にどんなことを書きたいか、テーマを決めます。

「自分のこと」>「好きなこと」>「ひとりキャンプ」といった具合に、具体的に絞ったほうが書くことが明確になります。

また、うまく書けそうなテーマを選ぶのもコツです。それは自分がわかっていることです。自分がインプットして持っているもの以上のことは書けません。身近なところがねらい目です。

「伝わる作文講座」で自分に関することを課題にしているのは、自分のことが一番書きやすいテーマであり、実生活において、伝えたい場面がたくさんある実用的なテーマだからです。

一度じっくり自分と向き合って丁寧に作文を書くと、実生活でもきっと役に立ちますよ。

作文を書く前の準備2、エピソードなど材料を集める。

書きたいテーマを決めたら、次は部品を集めます。

「ひとりキャンプ」の場合だったら、

行き先、できごと、持ち物、忘れ物、失敗、出会い、など思いつくまま全部メモします。

部品は全部作文に使うとは限りませんが、多いほど作文が書きやすくなります。

実際に書く時のことを心配しないで、どんどん書き出すようにしましょう。

作文を書く前の準備3、テーマと材料を連想してつなげる。

次に作文のテーマと先に見つけた部品とのつながりを考えていきます。

誰かが話したことや見た風景、そのとき考えたことなど思い出すかもしれません。

どんな話が書けそうか、使わない部品は捨てて、必要な部品を探します。

お気に入りの定番部品は使い回すこともできます。

こうした書く前の準備をZoomでサポートします。

そのときにわからないことや進まない部分を話し合います。話すことで整理されたり思い出したりアイデアが浮かぶことがよくあるんですよ。

ぜひZoomのサポート時間を有効にご利用くださいね。

「伝わる作文講座」のお申し込みはこちら。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です