山口市立中央図書館の本の予約待ち

yoyakumachi-dokusyo

山口市に移り住んでよかったことの一つが山口市立中央図書館があること。

最近リニュアルしてまたちょっとおもむきが変わりましたが、読書習慣をつけたい方は、ぜひ利用してみてくださいね。

山口市立中央図書館の順番待ち読書がたまらない

わたしは山口市立中央図書館の予約待ち読書が好きなんです。

テレビで紹介された話題の本や村上春樹さんなど人気作家の新刊本、本屋大賞や直木賞など受賞作品はたちまち100人以上の順番待ちになる。

わたしがこれまでに一番長く待ったのは、おそらく湊かなえさんの『告白』ではないかと思う。これは確か一年ぐらい待ったような。

created by Rinker
¥600 (2019/08/25 11:46:49時点 Amazon調べ-詳細)

予約待ちしている人がいる本は、2週間で読まないといけません。誰もいなければ、さらに2週間の延長ができるんですが、待っている人がいる本の場合、それができない。

何が何でも2週間で読み切らないといけない緊張感がまたいい。

とはいえ、予約待ちしていたことも忘れていたような本が、思いがけないときに、ふいに順番が回ってくるようなこともある。

すっかり読む気分がなくなっていることもあれば、読みたくても時間がとれず、2週間で読み切れないまま返却するなんてことも。

そんなこんなも含め、順番待ち読書は楽しいのだ。

予約当時の気分が思い出されるのもおもしろい。

「本代も馬鹿にならないからね。」なんて言いながら、辛抱強く順番待ちするわたしに、家人は「買って読んで売ればいいのに。」と言う。

確かに、読みたいときにすぐ読んだほうがいい気もする。

それでも、いつ来るとも知れない順番待ち読書がどういうわけか気に入っている。

一期一会感が味わえるからかも。

山口市の方、山口市立中央図書館、利用したことありますか?

予約待ちして今読んでる本

created by Rinker
¥1,944 (2019/08/25 11:46:49時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です